顔の筋肉について・・・

ポラッシュの口コミ
顔と首には最大30個の筋肉があり、顔の筋肉は非常に小さくて柔らかいです。顔の筋肉が弱くなると、目が狭くなり、頬が垂れ、口角がたるみ、あごが二重になります。女性はこれらの症状を避けたいと思うでしょう。顔の筋肉と言えば顔の筋肉が思い浮かびますが、顔の表情が動いていることから名付けられました。顔が薄く、顔への影響が少ないと期待できる顔の筋肉を鍛える方法です。典型的な顔の筋肉は、唇の下からあごまで伸びるオトガイ筋です。顔の筋肉が弱くなると、二重あごに変わる可能性があります。前頭筋は眉毛のてっぺんから額までの筋肉で、この筋力が弱くなると額にシワができます。眼輪筋(ガンリンキン)と呼ばれる筋肉は、まぶたを開閉する役割を果たします。この筋力が弱くなると、目の外側の角にしわが現れ、上まぶたにタルミが現れます。頬筋の働きは口角を上げることで、この筋力が低下すると口角が下がります。口が怒っているように見えることがありますので、ご注意ください。

error: Content is protected !!