子供のメタボリック症候群

子どもたちに蔓延しているメタボリックシンドロームが今や問題となっています。肥満児の数は増加しており、30年前に比べてほぼ2倍になり、約10%の子供が肥満であるというデータがあります。子供のメタボリックシンドロームは、運動不足、不規則な生活、脂肪分の多い食事、そしてコンビニエンスストアでいつでも購入して食べることができる環境によって引き起こされます。子供が肥満やメタボリックシンドロームを患っている場合、彼らの約70%は成長しても症状があるようです。重度の肥満は、小児期でも高血圧や糖尿病などの生活習慣病を引き起こすリスクがあります。お子さんが肥満を感​​じた場合は、メタボリックシンドロームを予防するために早期検査を受けることが重要です。厚生労働省が6歳から15歳の範囲のメタボリックシンドロームの診断基準を発表したという事実があります。メタボリックシンドロームの子供は非常に一般的であるため、予防と管理が必要であることを証明しています。しかし、メタボリックシンドロームを防ぐためだけに子供にダイエットを強要しようとするのは賢明ではありません。あなたの子供にメタボリックシンドロームを予防させるために、あなたの食事療法を改善することから始めてください。成長期の子供たちにとって、おやつやジャンクフードを食べるのをやめ、朝、昼、夜のバランスの取れた食事をとることが、食事よりも重要です。家にいてゲームをするだけでなく、体を動かして屋外で遊んだり、日常生活を送ったりすると、肥満はだんだんと消えていきます。レナセル 効果

error: Content is protected !!