転職市場の現状

職業ごとの転職の現状は?ホームページの情報をもとに、知っていることをまとめてみました。 ITセクターは、転職市場で最も活発に活動しているようです。特にモバイルシステムの場合、商用市場はさらに活発になるはずです。したがって、モバイルテクノロジーに長けているITエンジニアの間には疑問があります。現在、モバイルが売り手の市場ですが、この状況はしばらく続くでしょう。金融セクターは、売り手の市場が続く職業の1つです。 2007年に銀行での保険商品の販売禁止が解除され、海外の提携保険会社が日本でも保険商品の販売を開始したことにより、保険競争は激化しています。特に銀行や保険会社の経験者向けの求人が多く、金融分野では専門的なスキルを持った人材の需要が高いと言えます。さらに、営業担当者は、オフィスの転職市場やあらゆる業界の営業を支配し続けています。新規事業を始める場合でも、既存事業を拡大する場合でも、事務と営業は欠かせない仕事です。この点で、金融セクターとITセクターは同じだと思います。将来的には、競合他社との競争が激化し、より迅速な人材が必要になり、より専門的な人材が必要になります。すぐに使えるスペシャリストは、売り手の市場として知られている現在の転職状況と同様に、どの企業でも広く使用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!