回収金利の上限

通商産業省の指導の下、回収会社は、金融商品やローンの説明資料や広告を実質年率で表示する義務があります。実際の年利を表示する際に、元本および書類作成費用の利率以外の料金は個別に転記されません。これは、表示される金利がすべての費用を含むように設定されているためです。これらの規則は、実際の年率が低いふりをすることを不可能にします。家電製品の購入など、買い物やクレジットに使用される回収利率は、追加の方法を使用して計算されます。追加方式の場合でも、実質年率で表示することになります。追加の方法で計算された利息は、最終的に実際の年利に再計算され、簡単に比較できるように利率が表示されます。実質年利については、投資法により最高利率(年利29.2%)が定められています。したがって、年率29.2%以上の高金利で貸し出している回収会社があれば、その会社は違法な金融会社です。実際の年率を考慮し、比較的低金利の会社からお金を借りることは重要ですが、返済が遅れて延滞料が発生した場合、出所や子はありません。延滞手数料は、ローン時の金利よりも高く設定されることが多く、金利の低い回収会社を選択するメリットがなくなります。あなたが遅れないようにあなたが良い返済の見通しを持っていることを確認してください、そして遅れるために高い料金を払ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!