メタボリックシンドロームについて

内臓に脂肪がたまると、糖尿病、高脂血症、肥満や高血圧などの生活習慣病にかかりやすくなります。このような状態はメタボリックシンドロームと呼ばれます。これらの疾患は同時に発症することが多く、重複するほど動脈硬化症になる可能性が高くなります。日本の3つの主要な死因は、癌、脳卒中、心臓病です。心臓病や脳卒中を含む、いわゆる心血管疾患を引き起こすのはこの動脈硬化症です。メタボリックシンドロームを予防することで、このような生活習慣病も予防できます。 2005年、日本肥満学会は、メタボリックシンドロームの基準は、男性が85cm以上、女性が90cm以上の腹囲であると発表しました。さらに、基準には、130/85 mmHg以上の血圧、150 mg / dL以上のトリグリセリドまたは40mg / dL以上のHDLc、および110 mg / dL以上の血糖値が含まれます。ただし、日本、WHO、米国では基準値が異なります。また、予防方法は、基準値自体が明確に判断できるとは限らないため、さまざまな種類に分けられます。メタボリックシンドロームの人にかかりやすいと考えられている糖尿病、心筋梗塞、脳卒中は、医療費の約30%を占めています。厚生省はこの状況を真摯に受け止め、2015年までに生活習慣病患者とその予備力を25%削減することを目標に掲げています。これがメタボリックシンドロームを予防するための健康指導の始まりです。オルチャニスト 口コミ

error: Content is protected !!