赤ちゃんのためのUVケア

UVケアは大人だけでなく子供にとっても不可欠です。子どもたちの間では、日本では夏に健康を埋めたほうがいいという考えがあります。今でも多くの人がそういう考えを持っており、日本では子供たちの紫外線ケアが見過ごされがちです。しかし、小児期に大量の紫外線にさらされると、成人期以降は皮膚がんや湿疹などの病気にかかりやすいと言われています。多くの人が緑内障や皮膚がんになりやすいオーストラリアと米国では、子供たちは濡れてから紫外線から保護されています。実際のところ、幼い頃に日焼けした場合は、適切な紫外線ケアを行う必要があります。特に他の人が子供である場合、大人は日焼け止めを使用するとき、またはUV保護またはロングコートを使用するときに注意する必要があります。子供の肌は大人よりもはるかに柔らかいです。子供たちは子供に適した日焼け止めを持っています。もしそうなら、肌に優しいものを選択してください。可能であれば、子供向けのサングラスを選択してください。紫外線のお手入れは、帰宅時に必ず石鹸で落としてください。これは、日焼け止めをつけたままにしておくと、紫外線治療が可能かどうかにかかわらず、埋め込まれた皮膚が損傷する可能性があるためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!