腹部を引き締める運動

運動は膨満感を和らげる最も効果的な方法の1つです。腰の回転、脚の上下、腹筋運動は鼓腸を引き起こす可能性のある運動です。継続することの重要性を理解しているが継続できない人や、やめたいと思っている人もいます。腹筋運動には、立ったり座ったりするなど、いくつかの種類があります。座位で運動するときは、椅子に座って上半身を左右に押してください。動きが遅いと、突然の動きよりもお腹が膨らむことがありますので、静かに体を動かしてみてください。机の上で働いていても、椅子に座って簡単にできるエクササイズができます。左右20回、1日3〜5セット運動するとお腹に効果があります。立ったままで運動をすることができます。両手を合わせて腰から左右に伸ばして体を伸ばすことで、腹部を膨らませることができます。お腹の周りに集中しながら、紙やすりやボトル入り飲料水を手に持つと、余韻効果がさらに高まります。 1日に3回、右に10回、左に10回運動すると、胃のむかつきが起こります。腹部を引き締めるために刺激的な仕事をすることが重要です。運動するときは、収縮の影響と成功した姿勢を認識し、日常の意図を継続することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!