太陽や食べ物から守る

日焼けを防ぐために日焼け止め対策を怠らないことが重要です。適切な対策を講じることで、日光に当たっても肌トラブルを防ぐことができるようです。皮膚が紫外線を受けると、活性酸素と呼ばれる体を酸化する生成が起こりやすくなります。体が酸化すると、鉄や他の物質が酸化して剥がれるのと同じように体が老化します。ビタミンCは活性酸素の遮断に効果があると言われています。日焼け止めのために、アクティブなビタミン摂取をお勧めします。太陽から身を守るためには、ビタミンDが豊富な食事をとることが重要ですが、太陽に対する予防策を講じることは不可能です。ビタミンC、E、B2、カロチンは、ビタミンの中で最も効果的な日焼け止め栄養素であると言えます。もちろんサプリメントも使用できますが、季節の野菜にはこれらのビタミンが豊富に含まれていると言われています。日焼けを防ぐのに役立つビタミンCを含む野菜や果物を1日1回でも食べましょう。日焼け止めに関しては、良い日焼け止めを塗ったり、肌を隠すことに集中するのは簡単です。日焼け止めを毎日の食事に含めることができるので、バッチで試すことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!